女性用かつら最新情報

最近のカツラは良くできていて、一目見ただけではカツラだとわからない製品があります。しかし、それは一部の高級カツラで、価格の安い製品はきちんとしたケアをしないとカツラだとばれてしまいます。

カツラだとばれないようにするには

ヘアセットをしっかり行わなければ、いくら高額なカツラでも周囲に知られることになります。カツラの素材は自分の毛ではないため、きちんとしたケアが求められます。そこで、カツラの機能を最大限に発揮するヘアセットの方法ですが、分け目をナチュラルな感じにすることです。


クシの入れ方によっては、違和感が生まれることが多く、部分的な傷みも促します。そのため、フロントからおでこへ髪の毛を流し、大ざっぱな分け目にするようにします。そして、毛髪の真ん中くらいから、左右のどちらかへ毛髪を流す感覚です。


フロントのラインが見えるクシの使い方は、真っすぐにクシを入れた場合です。すると、自毛とカツラとの違和感が大きくなり、すぐにバレることになります。現在では、カツラの技術が進歩していますが、全ての商品において高い技術力が採用されているわけではありません。安価な商品の場合は、特にしっかりしたケアが求められることを知っておきましょう。


カツラ装着における一番のコツは、自毛との区別を分からなくすることです。この作業を怠ると、自毛とのボリューム差や色の違いなどから、周囲から見抜かれやすくなります。そして、ヘアセットで大切な要素には、ドライヤーの使い方もあります。


ドライヤーの熱は、人工毛にダメージを与えるため、長時間の熱風の使用は好ましくありません。 ここでは、冷風も兼用しつつ、少し時間をかけながら乾かすようにします。人工毛が傷んでしまうと、ますます周囲から気づかれやすくなるので注意です。

Copyright 2009-2012 女性用かつら最新情報 All Rights Reserved.